mask
Music
本署出版之「離家出走 — 一起去森林之大地野宴有聲 CD」(作者:范欽慧)
Play music
Language
Language
拳頭姆自然步道一隅
遠眺泰雅大橋
白頭翁
枯葉蝶
烏心石林
眺望蘭陽溪
眺望蘭陽平原
五色鳥
樹鵲
烏心石花
烏心石葉和果
+ 11
Close
photo
Source|
宜蘭県三星郷

拳頭姆自然歩道

海拔三百メートル余りのケントボ(拳頭姆)山は宜蘭県三星郷の管轄地の天送埤地域にあり、往復時間は約2時間を掛る必要。步道の勾配が緩やかで、気軽に散策できるし、步道の周辺の森林はオガタマノキの造林地であって、豊かなシダ類及び様々な種類の植物があり、四季折々の変化によってそれぞれ違う風情を楽しめるし、鳥類と各種の小さな生物に良い生息環境を提供している。ケントボ(拳頭姆)山の頂上まで登れば、蘭陽渓と蘭陽平野を俯瞰できるし、中央山脈と雪山山脈をも遠望できる。
More
open
Close
close
04/19 金曜日
全線開通
陰短暫陣雨
22°
40 %
20° / 25°
宜蘭縣 / 三星鄉
More
Open
Close
天気予報
04.19
今日
04.20
土曜日
04.21
日曜日
04.22
月曜日
04.23
火曜日
04.24
水曜日
04.25
木曜日
温度
陰短暫陣雨
20 ° / 25 °
多雲午後短暫陣雨
21 ° / 29 °
多雲午後短暫陣雨
22 ° / 29 °
多雲時陰短暫陣雨
23 ° / 28 °
陰短暫陣雨或雷雨
22 ° / 24 °
陰時多雲短暫陣雨或雷雨
20 ° / 23 °
多雲時陰短暫陣雨或雷雨
19 ° / 24 °
体感温度 22 ° / 28 ° 24 ° / 34 ° 24 ° / 34 ° 26 ° / 33 ° 25 ° / 28 ° 23 ° / 26 ° 21 ° / 28 °
降水確率 40 % 30 % 50 % - - - -
相対湿度 90 % 84 % 84 % 86 % 90 % 90 % 85 %
風向
風速
-
W
-
W
-
W
-
W
-
W
-
E
-
NW
UVI
5
Moderate
8
Very High
8
Very High
6
High
4
Moderate
4
Moderate
5
Moderate
日の出
日の入り
日出
05:27
日落
18:17
日出
05:26
日落
18:18
日出
05:26
日落
18:18
日出
05:25
日落
18:19
日出
05:24
日落
18:19
日出
05:23
日落
18:19
日出
05:22
日落
18:20
Central Weather Bureau|Update Time:2024/04/18 17:33
宜蘭県三星郷
拳頭姆自然歩道
:::
遊歩道について
オンライン申請
Close
交通案內
車でお越しの場合
ルート1
台7丙線9.5kmが入口となります。
公共交通機関
なし
なし
Close
歩道のグレード別
難易度
対象 一般の方 一般の方 体力が少し優れている方 登山初心者で、体力に優れ、且つ地図の初歩的な判読能力がある方 体力に優れ、地図の判読能力とアウトドアでのサバイバル能力がある方 すでに登山訓練を受けられている方 すでに登山訓練を受けられている方
海拔 路面は緩やかなエリア 海抜約1,000m前後、レジャー区や村落の近所にあります。 海抜約1,000m~2,000mの間、レジャー区や村落の近所にあります。 海抜約2,000m~3,000mの間、より遠いエリアにあります。 海抜約3,000m以上、より遠いエリアと荒地にあります。 海抜約3,000m以上、より遠いエリアと荒地にあります。 海抜約3,000m以上、荒地にあります
コースタイム 約半日から1日 約半日から1日 1日以内 1日またはそれ以上で、夜を明かす準備が必要 1-3日 3日以上 3日以上
裝備 軽装(水または少量の食料を携帯する) 軽装(水または少量の食料を携帯する) 軽装(水と適量の食料を携帯する) 夜を明かす必要があるため、きちんとそろった装備でなければならない(飲み水、食料、地図、防寒着、救命用の薬品など) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。 登山の完全な装備が必要(食料、水、煮炊き設備、地図、防寒具、照明設備、寝袋、テントなど) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。 登山の完全な装備が必要(食料、水、煮炊き設備、地図、防寒具、照明設備、寝袋、テントなど) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。 登山の完全な装備が必要(食料、水、煮炊き設備、地図、防寒具、照明設備、寝袋、テントなど) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。
說明 歩道は平らであります。また施設が完璧に整っていて、路面も緩やかです。歩行補助器や乳母車が使えます。 交通は簡単に到達できるオープンスタイルの歩道のため、勾配も比較的緩やかです。また施設が完璧に整っていて、路面も平坦で整い歩きやすく、約半日から1日で踏破できます。 交通は簡単に到達できるオープンスタイルの歩道で、勾配がすこし急、または少々困難な個所がありますが、施設が完璧に整っていて、路面も平坦で整っており、約1日以内に踏破できます。 遠いエリアと一部のセクションでは入園許可の申請が必要となります。一部のセクションの状況は比較的悪く、勾配が比較的急です。しかし基本的な施設は完璧に整っています。1日または1日から3日間のスケジュールとなります。 遠いエリアと一部のセクションでは入園許可の申請が必要となります。 高海抜(約3,000m以上)位置する山間部のエリアであり、歩道の状況も悪く、比較的原始的でもあります。多くの困難と危険なセクションがあり、勾配も急で、気候も大きく変化します。2日から3日間のスケジュールを必要とし、専門のガイドによるガイドが必要となります。 交通は不便です。入園許可の申請が必要となります。高海抜(約3,000m以上)位置する山間部のエリアであり、歩道の状況も悪いです。比較的原始的のエリアを登ったら、多くの困難と危険なセクションがあり、勾配も急で、気候も大きく変化します。3日以上のスケジュールを必要とし、専門のガイドによるガイドが必要となります。 1.  雪が積もっている、レベル3、4、5の歩道です。 2.  非正規歩道です。明確な道がないで、原始的の山のエリアや歴史地区や歩道におけるテキストや技術的のぼりなど特別なルートです。
難易度
対象
一般の方
海拔
路面は緩やかなエリア
コースタイム
約半日から1日
裝備
軽装(水または少量の食料を携帯する)
說明
歩道は平らであります。また施設が完璧に整っていて、路面も緩やかです。歩行補助器や乳母車が使えます。
難易度
対象
一般の方
海拔
海抜約1,000m前後、レジャー区や村落の近所にあります。
コースタイム
約半日から1日
裝備
軽装(水または少量の食料を携帯する)
說明
交通は簡単に到達できるオープンスタイルの歩道のため、勾配も比較的緩やかです。また施設が完璧に整っていて、路面も平坦で整い歩きやすく、約半日から1日で踏破できます。
難易度
対象
体力が少し優れている方
海拔
海抜約1,000m~2,000mの間、レジャー区や村落の近所にあります。
コースタイム
1日以内
裝備
軽装(水と適量の食料を携帯する)
說明
交通は簡単に到達できるオープンスタイルの歩道で、勾配がすこし急、または少々困難な個所がありますが、施設が完璧に整っていて、路面も平坦で整っており、約1日以内に踏破できます。
難易度
対象
登山初心者で、体力に優れ、且つ地図の初歩的な判読能力がある方
海拔
海抜約2,000m~3,000mの間、より遠いエリアにあります。
コースタイム
1日またはそれ以上で、夜を明かす準備が必要
裝備
夜を明かす必要があるため、きちんとそろった装備でなければならない(飲み水、食料、地図、防寒着、救命用の薬品など) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。
說明
遠いエリアと一部のセクションでは入園許可の申請が必要となります。一部のセクションの状況は比較的悪く、勾配が比較的急です。しかし基本的な施設は完璧に整っています。1日または1日から3日間のスケジュールとなります。
難易度
対象
体力に優れ、地図の判読能力とアウトドアでのサバイバル能力がある方
海拔
海抜約3,000m以上、より遠いエリアと荒地にあります。
コースタイム
1-3日
裝備
登山の完全な装備が必要(食料、水、煮炊き設備、地図、防寒具、照明設備、寝袋、テントなど) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。
說明
遠いエリアと一部のセクションでは入園許可の申請が必要となります。 高海抜(約3,000m以上)位置する山間部のエリアであり、歩道の状況も悪く、比較的原始的でもあります。多くの困難と危険なセクションがあり、勾配も急で、気候も大きく変化します。2日から3日間のスケジュールを必要とし、専門のガイドによるガイドが必要となります。
難易度
対象
すでに登山訓練を受けられている方
海拔
海抜約3,000m以上、より遠いエリアと荒地にあります。
コースタイム
3日以上
裝備
登山の完全な装備が必要(食料、水、煮炊き設備、地図、防寒具、照明設備、寝袋、テントなど) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。
說明
交通は不便です。入園許可の申請が必要となります。高海抜(約3,000m以上)位置する山間部のエリアであり、歩道の状況も悪いです。比較的原始的のエリアを登ったら、多くの困難と危険なセクションがあり、勾配も急で、気候も大きく変化します。3日以上のスケジュールを必要とし、専門のガイドによるガイドが必要となります。
難易度
対象
すでに登山訓練を受けられている方
海拔
海抜約3,000m以上、荒地にあります
コースタイム
3日以上
裝備
登山の完全な装備が必要(食料、水、煮炊き設備、地図、防寒具、照明設備、寝袋、テントなど) 管制が敷かれいているため、事前に入園許可を申請しなければなりません。
說明
1.  雪が積もっている、レベル3、4、5の歩道です。 2.  非正規歩道です。明確な道がないで、原始的の山のエリアや歴史地区や歩道におけるテキストや技術的のぼりなど特別なルートです。
車両で到達可能
O:自動車、マイクロバス、大型バス
所管所属の山域
中央山脈
管理単位
宜蘭支局
海拔
150 ~ 310 m
お問い合わせ電話番号
+886 39545114
高低差
160 m
山小屋
-
歩道の全長
1.3 KM
入山申請
No
歩道のタイプ
-
自然保護区経由
No
路面状況
丸太タイプ及び木片舗装
地質学的に敏感な地域
No
日程について
半日
潜在的な地滑りの範囲
No
トレイルトラック
詳細なルート
Trailhead / Trig
Mobile coverage
Observations (From iNaturalist)
詳細なルート
Trailhead / Trig
Mobile coverage
Observations (From iNaturalist)
注意事項
山岳保険の加入をおすすめします。
想定されるリスクにあらかじめ備えておく必要がありますので、ご出発前に山岳保険に加入しておくことをおすすめします。(備考:普通旅行傷害保険では、登山による事故は補償の対象にならない場合もありますので、ご加入前、必ず保険約款をご確認下さい。山岳保険について、「金融監督管理委員会のプレスリリースの解説」をご参照ください。比較検討いただいたうえで、ご自身にあった保険をお選び下さい。
登山安全情報について
安全な登山に関する知識や装備、マップを使いこなす便利なテクニックなどの情報を以下のページ「登山補給站網頁(安全な登山をサポートするサイト)」をご覧下さい。 http://goo. gl/QUnv10u 。アウトドア・アクティビティなので、ご自身の安全を確保するために、ご出発前に、その内容を十分ご熟読いただきますようお願いします。
同伴者の同行を条件とします。バイパス道路につき、通り抜けはご遠慮下さい。
ご自身の安全を確保するために、パーティーを組んで登山するよう心がけましょう。標識に沿って正式な道を歩き、近道を通り抜けることはやめてください。また、ルートから外れないように、パーティーから離脱することがないように注意して下さい。
GPS及び通信用装備を携行すること。
登山計画を立てて、日程を組むことが大切です。必要な装備や行動食を用意しておかなければなりません。グローバルポジショニングシステム(GPS)及び通信用装備を携行するのをおすすめします。例えば、衛星電話、携帯電話、無線通信用装備或いはGPS機能装備(個人用の救難信号機(PLB)など)。安全確保を図るために、緊急対応用品として、予備の電池も忘れず用意しておく必要があります。
旅行ガイド
Open
旅行ガイド
特殊なランドスケープ
眺望蘭陽溪
Source|羅東林管處
烏心石林
Source|羅東林管處
:::
Goto Top